1 サブコマンド形式

入出力ファイル名を小文字にしてドットをなくした名前をそのままコマンド名にしています。 これらをまとめた計算ディレクトリについても、 一つのオブジェクトと見做してコマンドを用意しています。

VASP の入出力ファイルを操作するコマンドとして、以下を用意しています。

VASP の計算ディレクトリを操作するコマンドとして、以下を用意しています。

2 help

個々のツールで何ができるかは、 サブコマンド help を使えば確認できます。 poscar およびそのサブコマンド lattice を例にすると、

% poscar help
Commands:
  poscar distance poscar_file id1 id2         # distance between atoms
  poscar help [COMMAND]                       # Describe available commands or one spe...
  poscar lattice                              # show lattice constants
  poscar povray                               # generate povray objects.
  poscar snapgeomopt [options]                # Generate POSCARS of each ionic steps
  poscar substitute POSCAR [elem1 elem2]      # Generate poscar with substituted eleme...
  poscar vaspdir --wavelength=WAVELENGTH      # Generate vaspdir
  poscar vaspgeomopt --wavelength=WAVELENGTH  # Generate vaspdir


ippei@Re % poscar help lattice                                        [16-03-10 20:49:28]
Usage:
  poscar lattice

show lattice constants

3 各コマンドの説明

各コマンドの説明は、左のサイドバーのリンクを辿ってください。

コマンド実行のサンプルが example 以下に置いてあります。